*

中古車査定について

vw-car-red

中古車査定は、車を買い取ってもらう(売る)方法の一つ。車を買い取ってもらう方法としては、他にディーラーに下取りをしてもらう方法と、仲介サイトを使った個人間売買の2つの方法がありますが、一般的なのは、ディーラーに下取りを出す方法か、中古車買取業者に車を買い取ってもらう方法ですが、この2つには一体どのような違いがあるのでしょうか?

中古車買取とディーラー下取りの違い

notebook on desk

中古車買取とディーラー下取りの一番の違いは、目的が違うことです。中古車買取は、買い取った車を売ることが目的です。

海外で販売したり、オートオークションで販売、国内で販売、パーツに分けて販売したりと、買取業者によって売り方は様々ですが、純粋に車を売ることが目的で、あなたの車を買い取ります。

一方で、ディーラーの下取りは、買い取った車を売るという目的に加えて、新車購入の値引きという目的も含んでいます。中古車買取業者は、車を買い取って、その車を売るということが目的ですが、ディーラーは、下取りが目的ではなく、新車を購入してもらうことが目的になります。

ディーラーは、自社の利益や自分のノルマのために、新車を購入してもらう必要があります。しかし、行き過ぎた値引き競争にならないために、新車は値引きがほとんどできないことになっています。安くすることが難しいと、なかなか新車を購入してもらうことが難しい。そこで、ディーラーは、値引きをすることが難しい代わりに、今ある車を下取りに出してもらって、その下取り額を高くすることで、実質的に新車の値引きという方法をとることがあります。

つまり、中古車買取業者に車を買い取ってもらう場合と、ディーラーで下取りをしてもらう場合では、買取額が大きく違ってくることがあるということです。

中古車買取と下取りではどっちが高く買い取ってもらえる?

coins and pens on notebook

それでは、中古車買取とディーラー下取りでは、どっちのほうが高く買い取ってもらえるのかというと、実はケースバイケースになります。先ほどの内容から見ると、ディーラー下取りのほうが高く買い取ってもらえるのではないかと思うかもしれませんが、中古車買取業者に買い取ってもらうほうが、高く買い取ってもらうこともしばしばあります。

中古車買取業者で高く買い取ってもらえるケース

例)海外に販売ルートを持っている中古車買取業者

日本車は海外の車と比べて性能や耐久性が高いため、海外で高い人気があります。特に、ロシアやアフリカ・アジアなどの国では、中古の日本車でも高く販売されているくらい、高い人気を誇っています。このような国に販売ルートを持っている中古車買取業車だと、日本では高く売れない場合でも、ディーラー下取りや他の買取業者よりも高く買い取ってもらえることがあります。

例)パーツ毎に販売ルートを持っている中古車買取業者

事故車や故障車・乗り潰して古くなったような車の場合だと、ディーラー下取りや中古車買取業者でも、ほとんど買取額がつかないようなことがあります。しかし、パーツによってはまだまだ使えるものがある場合、パーツ毎に販売ルートを持っている買取業者に買い取ってもらうことで、高く買い取ってもらえる可能性があります。

例)自社で販売している中古車買取業者

買い取った車を売る方法の一つに、自社でそのまま売る方法があります。自社でそのまま買い取った車を売る場合は、オートオークションに出したり、中古車販売会社に車を売る必要がないので、仲介手数料を払う必要がありません。そのため、その仲介手数料の分を、買取額に上乗せしてもらえる可能性があります。

また、自社で中古車販売を行っている場合だと、あなたが車を売ろうとしている時に、その車を買いたいお客さんがいた場合に、高く買い取ってもらえることがあります。

例えば、あなたはワゴンRを買い取ってもらおうとしていて、その時にちょうどワゴンRを買いたいというお客さんがいたとします。しかし、店頭にワゴンRの在庫がない。そのため、中古車買取業者は、なんとしてもあなたのワゴンRを買い取りたい。このような場合だと、かなり高い買取額で買い取ってもらえるケースもあります。

information on paper

中古車買取業者で車を買い取ってもらう場合は、こうしたタイミングや買取業者の特徴によって、買取額が大きく違ってきますが、需要がある車の場合だと、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。ディーラー下取りと比べて、買い取った車を売るということに特化しているため、需要があれば高い買い取ってもらえるということになります。

つまり、ディーラー下取りと中古車買取業者は、どっちのほうが高く買い取ってもらえるのかは、実際に比べてみないとわからないということになります。

車を高く買い取ってもらうには

contract

ディーラー下取りと車買取は、とりあえず買取額を比べてみないと、どっちのほうが高く買い取ってもらえるかわからないということでした。そのため、高く買い取ってもらうためには、手間はかかりますが下取りと中古車査定で買取額を比較してみることが必要になります。比べ方としては、単純に中古車査定とディーラー下取りでそれぞれ買取額を出してもらいましょう。

中古車査定の場合は、かんたん車査定ガイドズバット車買取比較で一括査定を申し込んで、その中から高い買取額を提示してもらえたいくつかの会社に実車査定(出張査定もできる)を依頼して、より正確な買取額を提示してもらいます。

ディーラー下取りの場合は、新車を買う予定のところで、実際に下取り額を見積もってもらいます。ディーラー下取りは、新車を買う予定がないと活用できないので、注意してください。

こうしてあなたの車の買取額を比較して、どこで買い取ってもらうのかを決めるのが、高く買い取ってもらう方法としておすすめです。手間はかかりますが、車の買取は場合によっては数十万円も買取額が違ってくることがあるので、できれば手間を惜しまずに高く買い取ってもらえるところを探しましょう。

公開日:
最終更新日:2016/01/04