*

自動車を売るときに必要な書類は?ー自分で用意する書類

   

自動車を売るときに必要な書類の一覧です。

手続きをしなくても準備できる書類もあれば、発行してもらうために手続きが必要な書類もあります。事前によく確認して、いざ自動車を売るときに、必要書類が足りないという事態にならないようにしましょう。

自動車を売るときに必要な書類

車検証(正式名称:自動車検査証)

車検証とは、自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。車検対象自動車に交付され、その自動車に関する情報が細かく記載されています。車検や街頭検査(保安基準不適合車を排除することを主とした検問)の際などに、車両の状態が車検証記載通りであるかの確認がなされます。

出典:車検証|車検と自動車の各種手続き

万が一車検証がない場合(紛失や盗難などで)は、付いているナンバーを管理している運輸支局で再発行をすることが可能です。

再発行には、車検証(破損したり汚れたりしているものが残っている場合)身分証明書(運転免許証・健康保険証・パスポート等)手数料納付書申請書といった書類が必要なるので、事前の準備が必要です。

自動車リサイクル券(預託証明書)

自動車リサイクル券とは、自動車リサイクル法によって定められた自動車リサイクル料が正しく収められているかを確認するための証明書のことです。通常は新車購入時にリサイクル料を支払って、その引き換えにリサイクル券を受け取ります。

万が一、自動車リサイクル券を紛失してしまった場合には、自動車リサイクル券を再発行することはできませんが、代わりに預託証明書で代用することが可能です。こちらの自動車リサイクルシステムのホームページから、自分の預託証明書の検索と印刷が可能となっています。

自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)

自賠責保険証明書は、自動車の持ち主が加入を義務付けられている自賠責保険の証明書のことです。自動車を運転する際には必ず車に備え付けておかなければ運転してはいけない、とても重要な書類です。

万が一紛失・破損してしまった場合には、加入している保険会社の窓口に問い合わせて、再発行手続きを行ってください。再発行の際に必要な書類は、加入している保険会社から送られてくる自賠責保険証明書再交付申請書と、本人確認を行うための身分証明書(運転免許証・健康保険証・パスポート等)となっています。

自賠責保険証明書の発行は、代理店等ではできず、本人が直接その店舗まで行く必要があり、手続きが面倒なので、注意してください。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税が確実に支払われていることを証明するための書類です。毎年5月に管轄の自動車税事務所や都税総合事務センターから、自動車税納税通知書と一緒に送られてきます。ちなみに、軽自動車の場合は、自動車税納税証明書ではなく、軽自動車税納税証明書と呼びます。

実印(印鑑登録されたもの)

書類ではありませんが、委任状や譲渡証明書に捺印するための実印が必要となります。この実印は、市区町村に登録されている必要があります。

印鑑登録は、区役所や市役所で、実印身分証明書(運転免許証やパスポート等、社員証・健康保険証はダメ)を持参すれば、すぐに登録することが可能です。シャチハタ三文判は登録できないので、実印を持っていない方は購入しておきましょう。

印鑑証明書

印鑑証明書とは、委任状や譲渡証明書に捺印した印鑑が、市区町村に登録されていることを証明するための書類のことです。印鑑証明書は、印鑑登録証もしくは印鑑登録カードを持って、各市区町村の役所や証明書発行センターで発行してもらうことができます。

査定に必要な書類

車検証さえあれば査定をしてもらうことが可能です。上記の必要書類は、あくまでも査定が終わって、買取店との契約も済んで、自動車を売るときに必要な書類なので、査定の前に焦って用意する必要はないので、安心してください。

一括査定おすすめランキング

カーセンサー.net

電話連絡が嫌だという方におすすめ!リクルートが運営する車一括査定サイト。補足欄にメールのみと伝えればメールで連絡してもらえます

ズバッと車買取比較

提携会社150社以上の車査定サイト。事故車や故障車など、売れない車も売れるかも?

かんたん車査定

早く査定額を知りたいという人におすすめ。約32秒で査定額がわかるスピード査定。

 - 車を売る前の疑問