*

車を買い替える・乗り換えるタイミングは?ー走行距離・年数がポイント

   

ミニカー

車には買い替える・乗り換えるタイミングがあります。このタイミングを知っておかないと、いざ車を買い替える・乗り換えるタイミングが来たときに、何十万円も損をしてしまう可能性があります。ここでは、車を買い替える・乗り換えるのときに知っておくべき走行距離車の年数について解説していきます

“走行距離”と”車の年数”

車を乗り換えるタイミングで重要なのは、車を買ってからどれくらいの距離を走ったのかを示す総走行距離と、何年前の車であるのかを示す車の年数です。総走行距離と車の年数は、車を売るときの査定額を左右する一番重要な要素といっても過言ではないくらいに大切なポイントです。

走行距離について

走行距離は1年で1万キロが基準

車の走行距離は、日本では一般的に1年で1万キロ走るものだとされています。この1年1万キロという数字は、日本自動車査定協会が査定の基準として定めているもので、ほとんどの買取業者は、1年1万キロという数字を目安に査定を行っています。

そのため、1年で1万キロを超える走行距離がある車は、一般的な車よりも使用されている、つまり走り過ぎている過走行車として扱われるため、査定額が下がるポイントの1つとなります。

例えば、3年使用された車の場合は、総走行距離の目安は3万キロとなるので、3年で3万1千キロを走っていたとすると、過走行車としての扱いになり、査定のときにマイナスポイントとなってしまいます。

5万キロ・10万キロで査定額が大きく下がる

1年で1万キロという走行距離の基準に加えて、総走行距離か5万キロ・10万キロを超えると、査定額が大幅ダウンすることが多いです。ただ、昔だと査定額がつかないようなこともありましたが、最近の車の開発技術は上がっていて、車の性能や品質・耐久性も高くなっているため、普通の乗り方をしていれば、5万キロや10万キロで車が乗れなくなるということは、ほとんどありません。

そのため、5万キロや10万キロを超えると査定額が大幅に下がる可能性は高いですが、査定を出しても価格がつかないというわけではありません。あくまで、査定額が安くなる境目・目安となります。

また、8万キロまでは査定額に期待ができるという話もあるので、総走行距離が多かったとしても、売れないと思っていきなり廃車にするのではなく、とりあえず一度査定に出してみるというのが、1つのポイントになります。

走行距離で大切な2つのポイント

総走行距離が多いからといって、査定をしてもらえないことはありませんし、買取をしてもらえる可能性も十分にあります。まずは、査定をしてもらうことが大切です。

総走行距離で大切なポイントは、1年1万キロを超えないようにすること総走行距離の桁が上がるまでに売ること、この2つのポイントが、車を乗り換えるタイミングで意識すべきところです。

1年で1万キロを守る

毎年1年で1万キロ以上走っている車だと、この数字を守ることはかなり難しいので、そのような人の場合は諦めるしかありませんが、1年で1万キロ程度走っているような人は、車を乗り換えると決めたら、この数字を超える前のタイミングで売るのを意識しておきましょう。わかりにくいかもしれないので、簡単な具体例を出して説明します。

具体例

車を購入して3年が経ち、そろそろ乗り換えようと考えている。現在の車の総走行距離は2万7千キロ。3年だと3万キロが総走行距離の目安なので、3万キロを超える前のタイミングで車を売る。

このようなタイミングで車を売るということです。車の乗り換えを考えるなら、1万キロ × 乗った年数 の走行距離を超える前に売るのが、車を売るタイミングの1つの目安になります。

車の年数について

車は1月1日で年を取る

車も人と同じように、1年で1歳年を取ります。つまり、1月1日を超えると、車の年式が1年古くなるということ。この車の年数は、購入した日から1年経つと1歳年を取るのではなく、どんな車であっても、1月1日で、車が一斉に年を取るというところが重要です。車は、年数が増えるごとに査定額が大きく下がります。

例えば、10月頃に車の乗り換えを考え始めて、1月10日に車を売る決断をした場合、車の価値は1月1日を超えた時点で、大きく下がってしまっているため、1月を迎える前に売っておいたほうが、高く売れた可能性が高い。つまり、売るタイミングを間違えてしまったということになります。この場合は、もう少し早くに売る決断をしておくか、もしくは、あと1年乗り続けて、来年の1月までに売却して、新しい車と乗り換えるのが、売るタイミングとしてベストなタイミングとなります。

車の年数は5年で査定額が大きく下がる

車の年数は、5年目が高く買い取ってもらうための1つの区切りになります。車の年数が5年を超えてしまうと、一般的に買取価格・査定額は、4年以前と比べて大きく下がってしまう可能性があります。

また、7〜8年以上年数が経っている場合は、さらに査定額が大きく下がってしまう可能性があります。

車の年数と査定額の変化の目安

車の年数、つまり車の年齢によって、車の査定額がどれくらい変わるのかというと目安になります。

だいたい2年で1/23年で1/34〜6年で1/4となります。7〜8年以上経っていると、査定額は大幅に下がってしまいます。

車を高く売るために覚えておく年数のポイントとしては、1月1日で一斉に車は年をとること、5年目が査定額が大きく下がる一つの区切りとなる、この2つのポイントを覚えておいてください。

走行距離が多い・年数が古くても高く売れる車

一般的には総走行距離が多くて、年数も古い場合には、査定額は安くなりますが、中には総走行距離が多い、年数が古い、というようなものでも高く売れる車もあります。

人気車は高い査定額に期待

SUVや高級車、人気が高い車種でかつ人気の高い色(白や黒などのベーシックなカラーが人気が高いことが多い)のような、常に中古車で購入したいという人がいるような車の場合は、年数が経っていても、意外と高い買取金額で買い取ってもらうことが可能です。

海外で売れる車も査定額に期待

日本車の性能や品質は世界でもトップクラスで、海外からの信頼が非常に高いです。そのため、海外で人気のある車の場合も、高い査定額で買い取ってもらえる可能性があります。海外で人気のある車は、海外に販売ルートを持つ業者に売ることで、高く売ることが可能になります。いくつか査定に出してみて、海外に販売ルートを持つ買取業者を見つけ、高く買い取ってもらうことがポンとになります。

まとめ

走行距離と車の年数は、査定額に大きく影響するポイントになります。車を乗り換える・買い替えるタイミングは、この2つのポイントを意識しておくと、高く買い取ってもらえる可能性があがります。また、売るかどうかを迷っている場合には、一度査定に出してみて、自分の車がどれくらいの価格で買い取ってもらえるのかを知っておくこともいいかもしれません。思っているよりも、高い価格で買い取ってもらえる可能性もあります。

自分の車を乗り換える・買い替えるか迷っている場合は、この走行距離と車の年数が大事なポイントだということを、覚えておきましょう。

一括査定おすすめランキング

カーセンサー.net

電話連絡が嫌だという方におすすめ!リクルートが運営する車一括査定サイト。補足欄にメールのみと伝えればメールで連絡してもらえます

ズバッと車買取比較

提携会社150社以上の車査定サイト。事故車や故障車など、売れない車も売れるかも?

かんたん車査定

早く査定額を知りたいという人におすすめ。約32秒で査定額がわかるスピード査定。

 - 車を売る前の疑問